目上の人への正しいビールの注ぎ方(動画あり)

はじめに

社会人になると歓迎会や上司との飲み会など、目上の人や取引先の人とお酒を呑む機会が増えます。そして、多くの人が参加する飲み会では、瓶ビールが出てくる場合がよくあります。

友達と呑むのとは違い、目上の人や取引先の人と呑むときは、お酒の注ぎ方(お酌)のマナーを守らないと「失礼なやつだ!」と思われてしまうかもしれません。

そんなことで損をしないためにも、ビジネスマナーとして瓶ビールの正しい注ぎ方(お酌)を覚えておきましょう!

動画でみる

テキストでみる

STEP1:右手で瓶底を持つ

瓶の底を右手で持ちます。

このとき強く握る必要はありません。

STEP2:瓶のラベルを上にする

瓶ビールにはラベルがついています。瓶を相手側に傾けたときに、このラベルが上側にくるように持ちましょう。

STEP3:注ぎ口付近を左手で支える

瓶の注ぎ口あたりに左手を添えて、瓶を傾けたときに支えられるようにしましょう。

人差し指の上に乗せて、軽く支える程度で大丈夫です。

STEP4:グラスにつかないように注ぐ

瓶の注ぎ口をグラスにつけないようにして、注ぎ始めは勢いよく泡を立てるように、そして次第にゆっくりと注ぎます。

注ぐ緩急が難しいので、慣れるまでは始めからゆっくり注ぐようにしましょう。

ダメな例

このように片手で注ぐのはNGです!これは目下の人や親しい人を相手にしたときの注ぎ方です。

相手のグラスを常にチェックしておこう

相手のグラスにあるビールの残量を常にチェックしておきましょう。

いつでも満タンにしておくというのはやりすぎですが、残量がグラスの半分以下だったら、相手に「お注ぎしますか?」と確認したうえでビールを注ぐようにしましょう。

「お、こいつは気が利くな」と思われるはずです!

おわりに

社会人になると、このようなちょっとしたマナーや気づかいで得することがとても多いです。いつでもできるように心がけておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました
この記事はお役に立ちましたか?

このサイト全体ではこんな記事がよく読まれています

この記事に関連しているかもしれない記事はこちらから探すことができます

もし記事が役立ったらみんなにもシェアしてみてくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加