第一印象がアップする!笑顔・アイコンタクト・外見のポイント

はじめに

好感度アップのポイントは「豊かな表情」です。無表情は、おとなしく暗い印象を与えてしまいます。特に第一印象の「笑顔」は大切です。

また、話す内容に応じて、キリッとしたり豊かな表情を見せることが、好印象を与えるポイントではないでしょうか?

ここでは笑顔の作り方やアイコンタクトの仕方、外見や身だしなみについてご紹介します。

魅力的な笑顔の作り方

口元は「い」の形に

口角を上げる「い」の口元が、スマイルの基本です。鏡に向かい「ラッキー」と言ってみましょう。「ラッキー」の「キー」の時に、前歯が最低8本、できれば10本以上見えるようにしましょう。歯茎が見えるぎりぎりまで口角を上げてください。

洗練された印象を与えませんので、下の歯は見せないようにしましょう。

目は優しく

目は、大好きな人や楽しいことをイメージした優しい目で。「目は心の窓」「目は口ほどに物をいう」とはよく言ったもので、視覚神経だけは脳と直接つながっているので、あなたの心の中を如実に表してしまいます。「あなたのことが大好きです」の気持ちで行いましょう。

人を虜にするアイコンタクトのしかた

アイコンタクトも大切です。アイコンタクトが出来ないと「嘘をついているんじゃないか」とか「私に興味がないのではないか」と思われてしまい、もったいないです。

アイコンタクトのしかた

見る位置は、相手の両目と鼻を結ぶ三角地帯です。「あなたのことが大好きです」の気持ちで、やんわりと見てください。余りにジーッと見過ぎても圧迫感があるので、1分間のうち28~40秒位、アイコンタクトを意識しましょう。

アイコンタクトが苦手な方

最初は相手のまばたきの数を数えようと意識すると、スムーズに見ることができます。まず友人との会話から練習してみてください。

外見のポイント

洋服は自分の職業や立場に合ったものを意識し、清潔感を重視した身だしなみを心がけましょう。

スーツの選び方

ビジネスシーンで可能な男性スーツの色は「ブラック」「グレー」「ネイビー」です。素材は上質なものを選びましょう。「しみ」「しわ」「汚れ」などがないか確認してください。サイズを合わせること(スーツの着丈、身幅、肩幅、Yシャツの襟のデザイン、ネクタイの長さ)も大切です。

ズボンは、靴の上でだぶつかない長さがベストです。折り目が入っているかもしっかり確認してください。

シャツと小物の選び方

  • シャツ:色柄は派手すぎないもの。袖口は、上着の袖からワイシャツが1センチほど見える位が良いです。
  • ネクタイ:スーツやシャツとの色あわせが派手なものはNGです。
  • ベルト:シンプルで目立たないものにしましょう。
  • 靴下:座ったときなど何かと目に入りやすいところです。スーツや靴の色に合わせて、不自然でない黒や紺など、暗めの色を選びましょう。白色はスーツに合わないのでNGです。
  • 靴:意外と目につくところです。上質なものを選びましょう。かかとが磨り減っていないかもチェックしてください。

おわりに

いかがでしたか?笑顔に自信がない方は、鏡の前で練習してみるのもいいかもしれません。

(photo by amanaimages)

最後まで読んでいただきありがとうございました
この記事はお役に立ちましたか?

このサイト全体ではこんな記事がよく読まれています

この記事に関連しているかもしれない記事はこちらから探すことができます

もし記事が役立ったらみんなにもシェアしてみてくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加