お世話になった人へのお礼状の書き方

お礼状のタイミング

だれかにお世話になったり、お祝をいただいたりすることが生活のなか起こってきます。そんなときは感謝の気持ちを込めてお礼状を書きましょう。特に金品を贈られた場合は、「確かに受け取りました」ということを伝える意味もあるので、速やかに礼状を出しましょう。

タイミングは逃さないように、その日のうちに書くようにしましょう。また、礼状に他の用件を書き加えるとお礼の意味が薄れてしまうので避けるようにします。

贈り物に対するお礼状は3日以内に出しましょう!

お礼状のポイント

  • 目上の人などには形式を踏まえて書くが、そうでないなら前文省略でもOKです。
  • 先方の厚意がどのようにありがたかったか具体的に書きましょう。
  • 早く出すためにははがきでも良いでしょう。丁寧な礼状なら封書にします。

よく使われる表現

一般的なお礼

  • 御心づかいいただき、ありがとうございました。
  • お力添えくださいましたことを厚くお礼申しあげます。
  • 並々ならぬご高配を賜り、感謝申しあげます。

もてなしを受けたとき

  • 久しぶりにゆっくりとお話でき、とても楽しいひとときでした。
  • 心からのおもてなしにあずかり、身も心もリフレッシュできました。

お願いをきいてもらったとき

  • ぶしつけなお願いをご快諾いただき、厚くお礼申しあげます。

お祝をしてもらったとき

  • このたびは、私たちの結婚に際しまして、大変素敵なお祝いを頂き、本当にありがとうございます。

お見舞いを受けたとき

  • 先日はお忙しい中お見舞いに来ていただきまして、有難うございました。慣れない入院生活中、○○さんとお話しができ、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

関連レシピ

最後まで読んでいただきありがとうございました
この記事はお役に立ちましたか?

このサイト全体ではこんな記事がよく読まれています

この記事に関連しているかもしれない記事はこちらから探すことができます

もし記事が役立ったらみんなにもシェアしてみてくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加