「了解いたしました」はビジネス上では失礼?「了解」の意味と使い方

はじめに

ビジネスメールでは、「了解」という単語をよく使います。

しかし、「了解しましたは、目上の方に使ってはダメ」という人もいたりして、マナー的に何が正しいのか、イマイチ理解していない方も多いのではないでしょうか。

そこで、了解の意味と使い方を詳しく説明したいと思います。

了解の意味

まず、「了解」という単語の意味から説明しましょう。

了解とは、

物事の内容や事情を理解して承認すること

了解 とは - コトバンク

とあります。つまり、理解したという意味です。

似た単語に「承知」というものがありますが、こちらは

事情などを知ること。また、知っていること。わかっていること。

しょうち【承知】の意味 - 国語辞書

となります。

了解の敬語

まず、了解という単語は目上の方に使っていいのか?という点ですが、当然「了解。」とだけメールで送っては失礼になります。

というのも、了解という単語自体には、尊敬の意味は一切入っていないからです。

そのため

了解いたしました。

などの言い方にする必要があります。逆に言うと、了解いたしました、了解しました、などの表現であれば敬語的には問題ありません。

例文

資料作成の件ですが、了解いたしました。明日の朝までにまとめて、お送りいたします。

承知のほうがいいのでは?

一方で、「了解は敬語的にダメ、承知やかしこまりました、を使え」という意見もあります。

承知に関しては、「承る」という意味が入っているため、より丁寧にはなります。また「かしこまりました」も同様です。

ただし、あまり堅苦しくならないメールの中であれば、そこまで気にするほどではない、というのが実態です。

おわりに

「了解」の意味と使い方を説明しましたが、いかがでしょうか?

メールで頻出のため、ちょっと気になる人も多いと思います。是非とも参考にしてください。

(image by amanaimages)

最後まで読んでいただきありがとうございました
この記事はお役に立ちましたか?

このサイト全体ではこんな記事がよく読まれています

この記事に関連しているかもしれない記事はこちらから探すことができます

もし記事が役立ったらみんなにもシェアしてみてくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加